読書週間

またまた あいてしまいました。毎日 淡々と過ぎています♪

娘達の学校は今 読書週間と言う事で読み聞かせに力を入れています(笑;;;) 
小学校に入るまではずっと頑張ってしてきたのですが 自分たちで読めるようになってきておろそかになってます。

ここ 数日は名作と言われる作品(短編)を読み聞かせしているのですが
昨日した宮澤賢治の「やまなし」と言う作品。これ 中々難解な作品で 昨日読み聞かせしてて 「クラムボン」と言う言葉が出てくるのですが そのクラムボンはなんだろうと言う話に3人でなりまして(笑;;;) 
2人はそれぞれ 泡かな 小さい虫かな? 自分の出した泡じゃない とかとかの話で盛り上がり 昨日 2回読み聞かせし
今朝も 読み聞かせしまして

クラムボンは 死んだよ と言う下りの部分を読むと 阿波じゃないのかな と言う話になったりと。
中々 奥の深い物語と言う事になり 宮澤賢治さんの事を知っているか敷いてみると
「注文の多い料理店」とか 雨にも負けず とか 多少知っているようです。
長女が 宮澤賢治の作品がたくさんある本が欲しいと。。。
サンタさんにお願いする事にするわ と言っておりまして。 ← これまじめに言ってて(笑;;;) もう4年生です。

読んでおきたい名作 小学2年読んでおきたい名作 小学2年
(2010/03/23)
川島 隆太

商品詳細を見る


こちらの本 名作ぞろいのようで 2年生だけど4年生の長女にもgoodな感じ。
本の初めに マンガと物語の違いに付いて書かれているのですが それを読んだ娘が私に
「ママ マンガと物語の違い言える?」と得意げに聞いてきまして。
私は「うーーん 色々あるけど マンガは絵があって 物語は文字だけでしょ」と言うと 
まぁ そうなんだけどね と言いながら 得意げに書かれていた事を話してくれました。
簡単に言うと マンガは頭を休ませてくれて 物語は頭を働かせてくれる と書かれてあったんです。
なるほど、、、 さすが川島教授ですね。
このシリーズ 3,4,5,6年と クリスマスプレゼントに決定です。あと宮澤賢治シリーズは なにがいいのかなぁ?
リサーチしなきゃ です。
スポンサーサイト




コメントの投稿

Private :

«前の記事 | ホーム | 次の記事»