伯母について

ご無沙汰してます。
メニエルもよくなりました。ご心配いただきありがとうございました。

今日は先日86歳で亡くなった伯母について 供養の意味も込めて書きたいと思います。
86歳と言うと 長生きの方だなと思いますね。
伯母は大正生まれの方でした。 戦前 戦中 そして戦後という 激動の時代を生きてきた女性でした。
戦争で夫を亡くし 1人娘を一人で育ててきました。 旦那さんとは6か月ほど一緒に暮らしただけだったそうです。
そして その旦那さんは 子供が出来た事も知らずに出征されたそうです。

このような話を 小さいときからお盆の時期になるといつも聞いていました。
伯母も再婚もしないで懸命に働き暮らしてきたようです。
毎年 8月15日 終戦記念日には 慰霊祭に出席したり実家である我が家で過ごしたりしていたのですが
伯母が来ている時は 慰霊祭をテレビ番組で見ながら 黙とうをするのが我が家の行事でした。

大人になってからは私もあまり会う事は無かったのですが 長女がお腹にいる時に一緒になる時があったのですが
その時も 黙とうをしている伯母を見ました。 その時の伯母も泣いていました。
その時 戦後 60年たっても 家族の悲しみは癒えてはいないんだなと感じました。
そして伯母は ”私は 子供を育てるために一生懸命働いてきた人生だった” と言いました。
多分 大正 昭和 平成と生き続けてきた伯母からすれば今は天国のような時代だと言います。
”私の人生は 苦労の連続だっと そしてこの時代に生きていたら どれほど幸せだっただろう”
と独り言のように言いました。


伯母は5年前に 1人娘をがんで亡くしました。
そして先日 86歳という 波乱な人生に幕を閉じました。 もう年齢が年齢なので大往生なのですが
伯母の苦労をずっと見てきた 私の父 そして他の伯母たちは それはそれは 泣き悲しみました。
多分 私は伯母の苦労の1割も知らないのだと思うけれど 立派な人生だったと感じました。

誰にも言える事だけれど この先の人生の中でどんな悲しい事があるかも知れない訳で
そんな事は想像も出来ません。 なので今日 今 この瞬間がどれほど幸せである事を感じ感謝しながら
生きて行きたいと思いました。

とても長くなってしまいましたが 最後までお付き合いして頂きありがとうございました。

今日も来てくださってありがとう。 ブログ村ランキングに参加しています。皆さんからの ポチが励みになります。お帰りに応援ポチ お願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ かぎ針編みへ


スポンサーサイト




コメントの投稿

Private :

とてもご苦労なさった方だったのですね。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
  • 2010-02-23(23:41)
  • ぽんちぇき URL
  • 編集

ぽんちぇきさんへ

コメントありがとうございます。
伯母もきっと喜んでいると思います。 感謝(^_^)
  • 2010-02-24(09:00)
  • nikoniko* URL
  • 編集
«前の記事 | ホーム | 次の記事»