次女の夏休みの作品

夏休みの作品 2人ともそれぞれ取り組んでいます。
長女は星に付いて調べたりしております(詳しくくは後日アップよてい)

次女は読書と語句調べに取り組んでいます。
とても地味ーーな取り組みではありますが 今後の本人にとっては 国語力アップにつながるよい取り組みになるであろうと私一人 とても楽しみにしています。

目標を 40冊 一日1冊ですね。とし その読んだ本の中でわからない言葉を辞書で調べます。
語句調べは 1冊に付き 2個を目標としています。
辞書調べは昨年 辞書を買ってあげてから ボチボチと弾く事が出来るようになってきました。
時々 探せないーーー なかったーーーと言いながら甘えてきますが 一緒に引いてあげて見つけます。

この流れで 絵本を選ぶにあたって最初は 図書館で好きな絵本を選んでいたのですが 
図書館の人に 絵本についてや 図書館に付いて お勧めの絵本を聞いてみようと言う事になって昨日行ってきました。

本人はあらかじめ 話す事を決めていき 自分でインタビューする事が出来ました。
そして お勧めの本 出会っておいて欲しい本 将来 こんな段階を踏んで読み進めてほしい本などを教えてくださいました。 
そして 語句調べをする事はとても素晴らしい事ですね と褒めて頂き 本人やる気 アップーーです(笑;;;) 

もう8年近く 通っている図書館なので司書さんとも顔見知りになっているので 私にも色々語ってくださいました。
小学生向けの 宮澤賢治 太宰治 夏目漱石のシリーズはお母さんにもお勧めですよと(笑;;;) 
はい 確かに そのコーナーで 山椒魚とか走れメロスとかかりて再読いたしました(笑;;;) と話すと そうでしょーー
そうなんですよ!! とてもお勧めなんですよ こちら と話が弾みました。

あと 子どもに出会っておいて欲しい絵本として 25さいたった絵本達 というコーナーを進められました。
出版から25年以上たち読み継がれている絵本達だそうです。
娘が読んだ事がある本は 結構あったのですが 今 今 再読する事にとても意味があるのよ!! と言われまして。
娘が大好きなお話を 数冊借りてきました。

image_20140717130305.jpg

スポンサーサイト

ホーム